不眠症治療は糀谷大田区のクリニック花(老年内科,オンラインカウンセリング)へ|眠れない

不眠症

不眠症とは

不眠症は、「寝つきが悪い(入眠障害)」「何度も目がさめて、なかなか寝つけない(中途覚醒)」「朝早く目がさめて、その後眠れない(早朝覚醒)」「熟睡できない」「眠りが浅い」といった症状が度重なり、慢性化している状態をいいます。

睡眠には個人差があるため、7時間以上眠っているにも関わらず「眠れない」と感じる方もいれば、3~4時間の睡眠でも大丈夫な方もいます。

現在日本では、成人の5人に1人はなんらかの眠りに関する問題を抱えていると言われています。
不眠症は決してめずらしいことではなく、誰もがなる可能性のあることです。
また、うつ病など他の疾患の症状として表れる場合がありますので、睡眠薬を調節するだけでなく、原因を考えることも重要です。

不眠症セルフチェック

  • 寝ている途中で目が覚めてしまい、その後眠れないことがある
  • ぐっすりと寝た感じがしない
  • 日中眠くてしょうがない
  • 寝つきが悪く、なかなか眠れない
  • 不規則な生活をしている
  • 朝早く目がさめる

2つ以上当てはまる方は不眠症の可能性ありますので、まずは生活習慣の見直しから始め、症状が改善されない場合は、医師にご相談ください。

不眠症の治療について

不眠症の原因により治療法も違いますが、生活習慣の改善と、お薬による治療があります。
いずれにしても、不眠の原因である心の病気、身体的疾患、不適切な睡眠環境、心配事の治療や改善に取り組むことが重要となります。

生活習慣の改善

  • 就床時間と起床時間はできるだけ同じ時間にする
  • 部屋の温度や明るさなどにより睡眠しやすい環境を整える
  • 音楽や読書などリラックスできる時間を作る
  • 睡眠時間の4時間前に食事、1~2時間前に入浴をする
  • 朝日を浴びて正確な体内時計を保つ
  • 昼から夕方位までの軽い運動をして脳をリラックスさせる
  • 眠る前にパソコンなどの強い光を浴びることは避ける

など

お薬による治療

不眠のタイプによって睡眠導入剤が変わります。医師と相談しながら、タイプに合わせて一定期間睡眠を助けるお薬(睡眠導入剤など)を処方します。
副作用(眠気の持越し)が少なく、依存性が低いお薬もあります。

ページのトップへ