糀谷 大田区 クリニック花 老年内科,オンラインカウンセリング

うつ病

うつ病

うつ病とは

気分がすぐれない状態が一週間以上続いたり、だんだん憂うつになったり、不安、イライラ、眠れない、食欲がない、頭が回らない、焦りが強い、などの症状が伴う場合は単なる気分の問題、いわゆる「気の持ちよう」ではなく、うつ病の可能性があります。

うつ病は決して皆同じものではなく、様々なタイプに分けられます。
しかしながら一般に言われるように「うつは脳の病気であるから薬が絶対に必要で、薬を充分に飲んで、充分に休めば必ず治る」というわけではありません。 たとえばうつ病には、幼少期からの外傷体験など心の原因があって発症に至るものがかなりあり、その場合、苦痛の元となっている心の原因を処理して健康的な心の状態に変化させなければ、完治には至りません。

うつ病の症状の代表的なもの

  • 集中力、注意力、決断、思考力の低下
  • 自己評価と自信の低下
  • "自分は悪い人間である"、"自分には価値がない"という勝手な思い込み
  • 将来に対する悲観的な見え方
  • 睡眠障害
  • 食欲減退
  • 性欲の減退
  • 死にたいという観念

うつ病の治療

現在のうつ病治療は「休養、環境調整」、「薬物療法」、「精神療法」の3つが中心となります。
まず、治療を始める前に、これまで抱えてきた仕事や家事などの荷物を少しの間下ろし、疲れたこころとからだを十分に休めることが重要であることを理解してもらいます。

そして、薬物療法によってうつ症状の原因となっている脳内アミンのバランスの乱れを調整していきます。
精神療法の中心は認知療法で、これは、患者さんの情緒の障害と密接に関連している認知の歪みを修正して、患者さんが問題を解決できるように支援する治療法です。

ページのトップへ